金浦神楽について
 にかほ市金浦(旧金浦町)は元町を含む 6集落に依って構成されている。
元町の北に黒川という集落があり、この地域に江戸時代末期 
黒川出身の若者が博労として庄内に渡り、山伏番楽系統の神楽太鼓を身に付け黒川に戻り
黒川神楽を生み出した。      
            
   
 黒川神楽は金浦神楽の元祖・本家

永年同地で伝承されてきたが、戦後 元町の若者達が町を盛り上げる為に活気あるこの太鼓の演技を習得し、豊作、豊漁、安全を祈願して金浦山神社に奉納芸能し町の復興を図った。太鼓を”背にして”打つ神楽は全国でも珍しいという。

近年は、他町村のイベントにも数多く出演している。又、保存会の練習のみ成らず、町の青少年育成の一環として 保存会員一丸となり、後継者育成を図りながら地域の活性化につとめている。


     昭和43年4月 保存会設立  

    ~金浦神楽保存会資料より~
スマートフォン版

にかほ市指定無形民俗文化財 金浦神楽

きんぽうかぐら

Matthw 神楽指導 文化の国際交流 年間行事とイベント 管理者ページ  金浦神楽と田楽座
2020年5月16日   学校再開したので   練習再開
白瀬南極探検隊100周年イベント
全国豊かな海づくり大会 あきた大会
 
令和3年 2/4 掛魚まつり 中止        5月 金浦山祭典での神楽中止
第35期 修了式 
 車切り 大人演技
写真や文字を クリックすれば  動画スタート
通り神楽 宵通り神楽
奉納神楽 早替奉納神楽
 令和3年 2月15日現在 現会員人数
  8人

平成28年9月10日撮影

写真や文字を クリックすれば  動画スタート
 ボタンをクリック

郷土芸能鑑賞会 令和3年2月13日

 昭和61年 第1期から

令和3年 第35期まで

修了証書授与した人数
 264人
  令和3年2月13日